古今御朱印覚え書

御朱印に関する考察、寺社参拝、拝受した御朱印、昔の御朱印・納経帳などについてのメモ

四国53番 円明寺〈文政8年〉

      2016/03/09

文政8年『神社仏閣順拝帳』
四国53番 須賀山 正智院 円明寺
伊豫国和気郡和気浜村(愛媛県松山市和気町)

四国53番円明寺の納経

松山近辺の8ヶ寺は1日で回れる行程です。53番円明寺の納経に日付はありませんが、四国24日目の4月3日は番外の札始大師堂から打ち始めていますので、この日のうちに参拝しているものと思われます。

寺伝によれば、天平勝宝元年(749)聖武天皇の勅願により、行基菩薩が自ら刻んだ阿弥陀三尊を本尊として開創したと伝えられます。創建当初は和気西山にあり(松山市勝山町、現在は円明寺の奥の院がある)、海岸山円明寺と号していました。

その後、弘法大師が四国を巡錫した際、伽藍を再興し、四国霊場の一つに定めたとされます。

以来、寺運は興隆しましたが、たびたびの兵火で荒廃し、寛永10年(1633)地元の豪族・須賀重久によって現在地に移転・再興されました。この功を賞して、仁和寺の覚深法親王より須賀山の山号を賜り、仁和寺の直末とされました。

ですので、現在の円明寺は真言宗智山派ですが、太郎助が参拝した当時は仁和寺の末寺だったと思われます。

四国53番円明寺の納経

『順拝帳』を見ると、墨書部分は版木押しで、右から

「礼拝」
「阿弥陀如来」
「■邦須賀山円明寺」

1行目、「奉納経」など納経に関する文言ではなく、「礼拝」となっています。同じような例として、25番津照寺では「奉拝礼」となっていました。少数でもこういう例があるのは、すでに必ずしも納経(写経の奉納)の実態が伴っていない(納め札を納めるのみの)巡拝者が多かったという傍証ではないかと思います。

3行目の最初が判読しづらいのですが、「同邦」のように見えます。順逆どちらで回っても、前は伊豫国の札所なので、前の札所と同国という意味でしょうか。

中央の朱印は蓮華座上の円に阿弥陀如来の種字「キリーク」。右上は「五十三番」、左下は判読できません。

ブログランキング・にほんブログ村へにほんブログ村

四国遍路―さまざまな祈りの世界 (歴史文化ライブラリー)四国遍路―さまざまな祈りの世界 (歴史文化ライブラリー)

円明寺の概要

須賀山 正智院 圓明寺(えんみょうじ)
現名称:須賀山 正智院 円明寺
御本尊:阿弥陀如来
創建年代:天平勝宝元年(749)
開山:行基菩薩
所在地:伊豫国和気郡和気浜村(愛媛県松山市和気町)
宗派等:真言宗智山派

文政8年『神社仏閣順拝帳』
太山寺 → 円明寺 → 円明寺
参拝寺社一覧

ブログランキング・にほんブログ村へにほんブログ村

 - 文政8年『神社仏閣順拝帳』 , ,

スポンサーリンク

スポンサーリンク

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

  関連記事

四国71番弥谷寺の納経
四国71番 弥谷寺〈文政8年〉

文政8年『神社仏閣順拝帳』 四国71番 剣御山 千手院 弥谷寺 讃岐国三野郡大見 …

四国番外恵信庵の納経
四国番外 恵信庵〈文政8年〉

文政8年『神社仏閣順拝帳』 四国番外 恵信庵 阿波国名西郡左右内村(徳島県名西郡 …

四国43番明石寺の納経
四国43番 明石寺〈文政8年〉

文政8年『神社仏閣順拝帳』四国43番 源光山 円手院 明石寺伊豫国宇和郡明石村( …

四国17番妙照寺の納経
四国17番 妙照寺〈文政8年〉

文政8年『神社仏閣順拝帳』四国17番 瑠璃山 真福院 妙照寺阿波国名東郡井戸村( …

長谷寺の納経
西国8番 長谷寺〈文政8年〉

文政8年『神社仏閣順拝帳』 西国8番 豊山 長谷寺 大和国式上郡初瀬村(奈良県桜 …

上醍醐寺の納経
西国11番 上醍醐寺〈文政8年〉

文政8年『神社仏閣順拝帳』 西国11番 深雪山 上醍醐寺 山城国宇治郡醍醐村(京 …

西国3番粉河寺の納経
西国3番 粉河寺〈文政8年〉

文政8年『神社仏閣順拝帳』 西国3番 風猛山 粉河寺 紀伊国那賀郡粉河村(和歌山 …

四国15番阿波国分寺の納経
四国15番 阿波国分寺〈文政8年〉

文政8年『神社仏閣順拝帳』四国15番 薬王山 金色院 国分寺阿波国名東郡矢野村( …

志度寺の納経印
四国86番 志度寺〈文政8年〉

文政8年『神社仏閣順拝帳』四国86番 補陀落山 清浄光院 志度寺讃岐国寒川郡志度 …

四国72番曼荼羅寺の納経
四国72番 曼荼羅寺〈文政8年〉

文政8年『神社仏閣順拝帳』 四国72番 我拝師山 延命院 曼荼羅寺 讃岐国多度郡 …