古今御朱印覚え書

御朱印に関する考察、寺社参拝、拝受した御朱印、昔の御朱印・納経帳などについてのメモ

西国19番 行願寺(革堂)〈文政8年〉

      2017/03/29

文政8年『神社仏閣順拝帳』
西国19番 霊麀山 行願寺(革堂)
山城国 上京 行願寺門前町(京都市中京区行願寺門前町)

西国19番行願寺の納経

西国18番頂法寺に参拝した太郎助は続いて19番の行願寺に参拝しています。行願寺は革堂(こうどう)あるいは一条革堂の名で知られ、六角堂と呼ばれる頂法寺が下京の町堂であったのに対し、行願寺は上京の町堂とされ、有事の際には町衆の集会所となりました。

行願寺は、寛弘元年(1004)行円上人が一条小川の一条北辺堂跡に建立したことに始まると伝えられます。現在の上京区革堂町・革堂中之町・革堂西町などがかつての境内地でした。

行円上人は九州の出身で、比叡山の横川に本拠を置いた聖だったと考えられています。元は猟師でしたが、自分が射た母鹿から子鹿が生まれるのを見て殺生の非を悟り、仏門に入ったと伝えられます。

その母鹿の皮の衣を身につけていたことから「皮聖」「皮仙」などと呼ばれ、それに因んで行願寺も「革堂」と呼ばれるようになりました。

本尊の千手観音は、行円上人が夢告によって賀茂社の槻木を得て自ら刻んだものと伝えられています。因みに、仁弘法師が槻木の余材で刻んだ千手観音の像は、後朱雀天皇の勅により西国20番善峯寺の本尊とされました。

天正18年(1590)豊臣秀吉による都市計画のため寺町荒神口(現在の京都御苑の東側)に移転。さらに宝永5年(1708)の大火の後、現在地に移りました。一条通から離れた後も「一条革堂」と通称されたようです。

その後も火災を繰り返し、現在の本堂は文化12年(1815)の再建。太郎助が参拝する10年前のことです。

西国19番行願寺の納経

巡拝帳を見ると、揮毫は右から順に

「奉納」
「勅願所」
「一条革堂」
「役者」
「酉六月八日」

中央の宝印は、火焔宝珠の中に梵字や「宝印」の文字が見えますが、判読できません。右上の印は「西国十九番」、左下は判読できません。

ブログランキング・にほんブログ村へにほんブログ村

西国三十三所めぐり (楽学ブックス)西国三十三所めぐり (楽学ブックス)

行願寺の概要

霊麀山 行願寺(ぎょうがんじ)
現名称:霊麀山 行願寺
通称:革堂(こうどう)
御本尊:千手観世音菩薩
創建年代:寛弘元年(1004)
開基:行円上人
山城国上京行願寺門前町(京都市中京区行願寺門前町)
宗派等:天台宗

文政8年『神社仏閣順拝帳』
頂法寺 → 行願寺 → 六波羅蜜寺
参拝寺社一覧

ブログランキング・にほんブログ村へにほんブログ村

 - 文政8年『神社仏閣順拝帳』 , ,

スポンサーリンク

スポンサーリンク

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

  関連記事

四国13番 一宮大明神の納経
四国13番 一宮大明神〈文政8年〉

文政8年『神社仏閣順拝帳』四国13番 一宮大明神阿波国名東郡一宮村(徳島県徳島市 …

岡寺の納経
西国7番 岡寺(龍蓋寺)〈文政8年〉

文政8年『神社仏閣順拝帳』 西国7番 東光山 岡寺(龍蓋寺) 大和国高市郡岡村( …

四国46番浄瑠璃寺の納経
46番 浄瑠璃寺〈文政8年〉

文政8年『神社仏閣順拝帳』四国46番 医王山 養珠院 浄瑠璃寺伊豫国浮穴郡浄瑠璃 …

四国48番西林寺の納経
四国48番 西林寺〈文政8年〉

文政8年『神社仏閣順拝帳』四国48番 清瀧山 安養院 西林寺伊豫国久米郡高井村( …

田村神社の納経印
田村神社〈文政8年〉

文政8年『神社仏閣順拝帳』田村神社(たむらじんじゃ) 現名称:田村神社御祭神:倭 …

四国17番妙照寺の納経
四国17番 妙照寺〈文政8年〉

文政8年『神社仏閣順拝帳』四国17番 瑠璃山 真福院 妙照寺阿波国名東郡井戸村( …

四国33番雪蹊寺の納経
四国33番 雪蹊寺〈文政8年〉

文政8年『神社仏閣順拝帳』四国33番 少林山 雪蹊寺土佐国吾川郡長浜村(高知県高 …

長谷寺の納経
西国8番 長谷寺〈文政8年〉

文政8年『神社仏閣順拝帳』 西国8番 豊山 長谷寺 大和国式上郡初瀬村(奈良県桜 …

四国49番浄土寺の納経
四国49番 浄土寺〈文政8年〉

文政8年『神社仏閣順拝帳』 四国49番 西林山 三蔵院 浄土寺 伊豫国久米郡鷹子 …

四国73番出釈迦寺の納経
四国73番 出釈迦寺〈文政8年〉

文政8年『神社仏閣順拝帳』 四国73番 我拝師山 出釈迦寺 讃岐国多度郡吉原村( …