古今御朱印覚え書

御朱印に関する考察、寺社参拝、拝受した御朱印、昔の御朱印・納経帳などについてのメモ

四国78番 道場寺〈文政8年〉

      2016/08/05

文政8年『神社仏閣順拝帳』
四国78番 仏光山 道場寺(どうじょうじ)

四国78番道場寺の納経印

現名称:郷照寺
御本尊:阿弥陀如来
創建年代:神亀2年(725)
所在地:讃岐国鵜足郡宇多津村(香川県綾歌郡宇多津町)
宗派等:時宗

四国78番郷照寺、当時は道場寺と呼ばれていました。四国霊場で唯一の時宗寺院です。77番道隆寺からは約7km、善通寺から数えてこの日4ヶ所目の札所です。

寺伝によれば神亀2年(725)、行基菩薩によって開創され、仏光山道場寺と名付けられました。弘仁6年(815)弘法大師が留錫して自らの尊を刻み、厄除けの誓願をされたといいます。さらに正応元年(1288)時宗の開祖・一遍上人が滞在して教えを広めました。
その後、元亀・天正の兵火で伽藍を焼失しましたが、寛文4年(1664)高松藩主・松平頼重によって再興されました。この時、宗旨を時宗に改めるとともに、寺号も郷照寺に改称されたといいます。

ただし、江戸時代の納経帳を見ると、寺号はいずれも「道場寺」であり、「郷照寺」になるのは明治以降です。正式名称は郷照寺でも一般には道場寺の名称を使っていたのか、事実上の改称が明治になってからのことなのかはよくわかりません。

四国78番道場寺の納経印

『順拝帳』を見ると、墨書部分は印版で、
「奉納経」
「本尊阿弥陀如来」
「讃州仏光山」「道場寺」
「酉ノ三月十日」「行者丈」

中央の朱印は判読が困難ですが「南無阿弥陀仏」のようです。右上の印が「第七十八番」、左下が「道場寺」。

「奉納経」の「経」(正字は「經」)、「仏光山」の「仏」(正字は「佛」)など、印版であっても略字を使っています。

文政8年『神社仏閣順拝帳』
道隆寺 → 道場寺 → 摩尼珠院

 - 文政8年『神社仏閣順拝帳』 , ,

スポンサーリンク

スポンサーリンク

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

  関連記事

西国19番行願寺の納経
西国19番 行願寺(革堂)〈文政8年〉

文政8年『神社仏閣順拝帳』 西国19番 霊麀山 行願寺(革堂) 山城国 上京 行 …

叡福寺の納経
叡福寺〈文政8年〉

文政8年『神社仏閣順拝帳』 磯長山 聖霊院 叡福寺 河内国石川郡太子村(大阪府南 …

四国10番切幡寺の納経
四国10番 切幡寺〈文政8年〉

文政8年『神社仏閣順拝帳』四国10番 得度山 灌頂院 切幡寺阿波国阿波郡切畑村( …

四国31番竹林寺の納経
四国31番 竹林寺〈文政8年〉

文政8年『神社仏閣順拝帳』四国31番 五台山 金色院 竹林寺土佐国長岡郡五台山村 …

四国59番伊予国分寺の納経
四国59番 伊予国分寺〈文政8年〉

文政8年『神社仏閣順拝帳』 四国59番 金光山 最勝院 國分寺 伊豫国越智郡国分 …

四国番外小村大師庵の納経
四国番外 小村大師庵〈文政8年〉

文政8年『神社仏閣順拝帳』四国番外 小村大師庵伊豫国浮穴郡小村(愛媛県松山市小村 …

四国63番吉祥寺の納経
四国63番 吉祥寺〈文政8年〉

文政8年『神社仏閣順拝帳』 四国63番 密教山 胎蔵院 吉祥寺 伊豫国新居郡氷見 …

四国25番津照寺の納経
四国25番 津照寺〈文政8年〉

文政8年『神社仏閣順拝帳』四国25番 宝珠山 真言院 津照寺土佐国安芸郡津寺村( …

長尾寺の納経印
四国87番 長尾寺〈文政8年〉

文政8年『神社仏閣順拝帳』四国87番 補陀落山 観音院 長尾寺讃岐国寒川郡長尾西 …

四国7番十楽寺の納経
四国7番 十楽寺〈文政8年〉

文政8年『神社仏閣順拝帳』四国7番 光明山 蓮華院 十楽寺阿波国板野郡高尾村(徳 …