古今御朱印覚え書

御朱印に関する考察、寺社参拝、拝受した御朱印、昔の御朱印・納経帳などについてのメモ

「御朱印」という名称について(1)

      2014/12/11

伊勢神宮内宮の御朱印

現在、「御朱印」といえば、たいてい神社仏閣に参拝した証としていただく印(と墨書)のことを指します。しかし、本来「御朱印」は神社仏閣の印に限定して使われた言葉ではありません。むしろ、昔は「御朱印」と呼ばなかっただろうと考えられるのです。

神社仏閣でいただく「御朱印」の起源をたどると江戸時代の納経帳、さらに遡れば六十六部廻国行者の納経請取状に行き着きます。これらを「御朱印」と呼んでいなかったことは何となく想像のつくことですが、そのあたりことを少し考えてみたいと思います。

神社仏閣でいただく印を御朱印と呼ぶのは、墨書の有無にかかわらず、紙面の中央に押す朱印(宝印)を中心的要素とすることに由来すると思われます。そこには、中央に押す印を御祭神や御本尊の象徴とする考え方があります。少なくとも、現代の多くの神社や寺院では、そういう意味を踏まえて押印、授与しているでしょう。また、そもそも印章というものが、個人や役職・団体等を象徴するものですから、朱印を御祭神や御本尊の象徴と受け止めるのはきわめて妥当だといえるでしょう。

ところが、古い納経帳を見ると、中央に朱印が押されていない例があります。四国八十八ヶ所や西国三十三所など、常時巡礼者を受け入れているところにも見られるので、当時、その寺院では中央の朱印を押さないのが標準だったと考えられます。これは、当時の納経帳において中央の朱印(宝印)が中心的な要素ではなかったことを暗示しています。

谷汲山華厳寺の納経印

文化10年(1813)西国33番・谷汲山華厳寺。印は左下の「執事」の署名のところに「華厳教寺」の朱印があるだけです。

母養山恩山寺の納経印

天保11年(1840)四国18番・恩山寺。右上に「四国第十八番」、左下に「恩山寺」の印があるのみ。

五岳山善通寺の納経印

明治38年(1905)四国75番・善通寺。これも朱印は右上の「四国第七十五番」と左下の「讃岐國屏風浦善通寺」のみ。善通寺は比較的遅くまで中央の朱印を押さなかったようです。

また、菊の御紋の印を押している寺社もあります。勅願所であることを示しているのではないかと思います。

白牛山国分寺の納経印

天保11年(1840)四国80番・讃岐国分寺。全国の国分寺は聖武天皇の勅願によって建立されました。

八幡山教王護国寺(東寺)の納経印

同じく天保11年(1840)京都の教王護国寺(東寺)。ヘッダーの画像に使っているものです。これには御本尊を示す文言がありません。古い納経請取状の形式を残しているのではないかと思われます。

これらの場合、菊の御紋の印は寺社の権威を表すものであって、神仏を象徴しているものとはいえません。

このような例があることや、納経帳が「納経請取状」という一種の受領証に由来する(つまり略式の請取状である)ことから考えれば、もともと中央の朱印は不可欠の要素というわけだったわけではなく、装飾的な意味で押されていたとするのが妥当だと思われます。

墨書押印の形式が整っていく過程で、中央の墨書・朱印が御本尊・御祭神を示すように定型化されていったことにより、中央の朱印を神仏の象徴とする意識が共有されるようになったのでしょう。もちろん、もともと印章が個人や役職、団体の象徴とされていた歴史的背景が決定的な役割を果たしていることは間違いありませんが。

 - 御朱印考察

スポンサーリンク

スポンサーリンク

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

  関連記事

浄興寺の御朱印
浄土真宗と御朱印(2)

授与しないのは本願寺派と大谷派のみ 仏教の宗派について基本的な知識がある人でも、 …

秋葉寺の納経印(弘化4年)
御朱印の起源

御朱印の起源は江戸時代の納経帳にありますが、さらに遡ると六十六部廻国聖の「納経請 …

長浜御坊・大通寺の御判
浄土真宗と御朱印(5)

江戸時代の浄土真宗の順拝帳を見ると、他宗の納経帳とは大きく異なる特徴があります。 …

日吉大社・西宮神社の御朱印
御朱印の歴史(4)

大正時代の半ば、折り本式の集印帳が登場し、急速に普及します。さらに昭和になって空 …

熊野速玉大社の御朱印
御朱印の歴史(3)

明治になって、日本の宗教は大変動を蒙ります。その最大のものは神仏分離です。日本の …

昭和8年の集印帖
「御朱印」という名称について(3)

大正期に「御朱印」という言葉が定着していなかったことをうかがわせる資料として、大 …

伊勢神宮の御朱印
御朱印の歴史(5)

折り本式集印帖の登場と昭和のスタンプ蒐集ブームによって、現在使われている意味での …

御首題帳
御朱印の歴史(2)

御朱印の起源は六十六部廻国聖の納経帳・納経請取状なのですが、浄土真宗の御朱印と日 …

閻魔大王と徳道上人
御朱印西国三十三所由来説について(上)

御朱印は西国三十三所の御宝印に由来するという説について 御朱印の起源が六十六部廻 …

納経請取状
納経請取状から御朱印へ〔四天王寺〕

これまで何度も書いてきたように、御朱印の起源は六十六部廻国聖の納経請取状です。こ …