古今御朱印覚え書

御朱印に関する考察、寺社参拝、拝受した御朱印、昔の御朱印・納経帳などについてのメモ

「御朱印」という名称について(2)

      2014/12/07

もともと「朱印」というのは朱肉を用いた印を表す普通の名詞で、それに「御」をつけて丁寧な言い方にしたのが「御朱印」です。

津村別院の納経印

昭和4年(1929)北御堂・津村別院(大阪)。珍しい黒印の御朱印(?)です。

印章には朱肉を用いる朱印と墨を用いる黒印があります。現代ではもっぱら朱印ばかりが用いられていますが、もともと朱印と黒印では朱印が格上とされており、明治になるまで庶民は朱印の使用ができなかったそうです。

さて、江戸時代、幕府の公文書には朱印が押されていたので「朱印状」と呼ばれました。これを略して単に「朱印」と呼ぶこともあり、「御」をつけて「御朱印状」「御朱印」といったわけです。

朱印状によって海外貿易の許可を受けた船が「朱印船(御朱印船)」、将軍から安堵された寺社領などが「朱印地(御朱印地)」「朱印領(御朱印領)」ということになります。因みに、大名が寺社領を安堵した場合には黒印状が発給されたため黒印地・黒印領といいます。

つまり、江戸時代に「御朱印」といえば、幕府が公式文書に押した朱印、またはその文書の意味だったと考えていいでしょう。

では、いつ頃から神社やお寺でいただく墨書朱印を「御朱印」と呼ぶようになったのでしょうか。

それをはっきり示す資料がないため、はっきりしたことは言えませんが、それほど古い時代ではなく、最大限さかのぼっても大正の後半、一般化したのは昭和になってからのことではないかと思います。

もともと御朱印や納経が、神道や仏教において公式に位置づけられたものではなく、伝統的な習慣として続いているため、記録に残したり考察の対象になったことがありません。そのため、実物はあっても、それをどう呼んでいたかということはよくわからないのです。

ただ私は、いくつかの手がかりから、御朱印という言い方が一般化したのは昭和になってからだと考えています。「御朱印」という用法自体は大正の終わりあたりまでさかのぼる可能性がありますが、一般的に広く普及していたということはないと思われます。

 - 御朱印考察

スポンサーリンク

スポンサーリンク

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

  関連記事

納経請取状
納経請取状から御朱印へ〔四天王寺〕

これまで何度も書いてきたように、御朱印の起源は六十六部廻国聖の納経請取状です。こ …

秋葉寺の納経印(弘化4年)
御朱印の起源

御朱印の起源は江戸時代の納経帳にありますが、さらに遡ると六十六部廻国聖の「納経請 …

御旧跡巡拝帳
浄土真宗と御朱印(4)

本願寺派・大谷派を含む浄土真宗の御朱印の歴史は江戸時代にまでさかのぼります。二十 …

長浜御坊・大通寺の御判
浄土真宗と御朱印(5)

江戸時代の浄土真宗の順拝帳を見ると、他宗の納経帳とは大きく異なる特徴があります。 …

西本願寺の御朱印
浄土真宗と御朱印(3)

前回、「浄土真宗は御朱印をしない」という常識について、御朱印をしないという方針を …

伊勢神宮の御朱印
「御朱印」という名称について(4)

前回は、昭和8年ころの「御手印」とタイトルにある集印帖から、そのころ「御朱印」と …

昭和8年の集印帖
「御朱印」という名称について(3)

大正期に「御朱印」という言葉が定着していなかったことをうかがわせる資料として、大 …

御首題帳
御朱印の歴史(2)

御朱印の起源は六十六部廻国聖の納経帳・納経請取状なのですが、浄土真宗の御朱印と日 …

浄興寺の御朱印
浄土真宗と御朱印(2)

授与しないのは本願寺派と大谷派のみ 仏教の宗派について基本的な知識がある人でも、 …

誓願寺の御判
浄土真宗と御朱印(6)

近江国浅井郡内保村(滋賀県長浜市内保)の湯吹山誓願寺の御判。 前回に続いて、江戸 …