古今御朱印覚え書

御朱印に関する考察、寺社参拝、拝受した御朱印、昔の御朱印・納経帳などについてのメモ

御朱印の歴史(4)

      2015/12/15

熱田神宮スタンプ

昭和10年(1935)熱田神宮遷宮祭記念スタンプ

大正時代の半ば、折り本式の集印帳が登場し、急速に普及します。さらに昭和になって空前のスタンプブームが起こりました。これが御朱印の歴史の大きな画期となります。

折り本式集印帖の登場

私が見た範囲で一番古い折り本式の集印帳は大正8年(1919)のものです。初めて登場するのはもう少し古いかもしれませんが、大正時代の半ばであることは間違いないでしょう。

折り本式集印帖

大正8年(1919)折り本式集印帳

最初期の集印帳は紙が薄く、一重でした。ところが大正10年頃になると、厚い紙を二重にして裏表を使うことができる形式のものが登場し、一重のものは姿を消していきます。

折り本式の集印帳が普及した最大の理由は、従来の納経帳に比べてサイズが小さいことでしょう。

前回も触れたように、明治以降、巡礼ではない観光旅行が登場します。しかし、今も昔も神社仏閣は主要な観光地ですし、寺社に行けば御判をいただきたいという需要も根強く残っていたと思われます。明治から大正にかけて見られたはがき・絵はがきへの押印がそれを示しています。

そういう旅行者にとって、かさばる従来の納経帳違い、手頃なサイズの折り本式の集印帳は非常に好都合だったでしょう。

折り本式集印帖の前段階としてのはがき・絵はがきへの押印との関係は、折り本式集印帖が朱印(宝印)の押印のみで墨書がなくなったことにも現れていると考えられます。

折り本式の集印帖が登場した大正8年頃は、従来の納経帳・順拝帳と同じく墨書押印が揃っていました。しかし、大正9年から10年頃には神社を中心に押印のみというところが増え、大正末にはほぼ主流になります。さらに昭和になると、寺院でも押印のみというところが多くなりました。

日吉大社・西宮神社の御朱印

大正8年(1919)日吉大社・西宮神社

気比神宮・金崎宮の御朱印

大正10年(1921)気比神宮・金崎宮
紙の継ぎ目が左ページの半ばにある

急速に墨書がなくなった理由として考えられるのが、折り本式の集印帖は従来の納経帳・順拝帳よりもサイズが小さいということに加え、略式の参拝記念という位置づけにされたからではないかと考えられます。実際、大判の納経帳は墨書押印というスタイルを堅持したまま現在に至っています。

四国・西国その他の霊場巡拝以外では、大判の納経帳・順拝帳はほぼ用いられなくなり、もっぱら折り本式の集印帖が使われるようになりますので、明確な位置づけや使い分けがあったとは言えませんが、少なくとも四国・西国などの例から考えて、折り本式の集印帖は略式の参拝記念と考えられていたとして間違いないと思います。

戦前のスタンプ蒐集ブーム

さらに大正末から昭和初めに旅行ブームが起こりました。これが集印帖の普及を後押ししたと思われます。一般人がカメラを持つことなどなかった時代、集印帳に寺社の御朱印や観光地のスタンプを押すのは手頃な旅行の記念だったはずです。

そして昭和6年(1931)に郵便局の風景印と鉄道の駅スタンプが登場すると、それに刺激されて観光地や旅館・ホテル、船その他、さまざまなスタンプが作成され、昭和9年から10年頃に空前のスタンプ蒐集ブームとなりました。

別府温泉・熱海温泉のスタンプ

昭和7年(1932)頃、別府温泉・熱海温泉

熱心なスタンプ蒐集家ばかりでなく、一般の旅行者や修学旅行の学生なども折り本式の集印帖を携帯し、行く先々でスタンプを集めていたようです。当然、寺社の印も収集の対象になりました。

川治温泉・日光東照宮

昭和7年(1932)頃、川治温泉・日光東照宮

これらのスタンプ蒐集を目的とする人たちは寺社の印を単なるスタンプの一種として扱ったようで、当時の集印帖には一般のスタンプに寺社の印が混在している例が少なからずあります。当時の実態はよくわかりませんが、きちんと参拝せずに印のみ押してもらうという人もいたのではないかと想像できます。このような風潮が寺社に危機感を抱かせ、宗教的・信仰的な意義を持った授与品としての御朱印の確立を促すことになります。

ブログランキング・にほんブログ村へにほんブログ村

御朱印の歴史(1)
御朱印の歴史(2)
御朱印の歴史(3)
御朱印の歴史(4)
御朱印の歴史(5)

 - 御朱印考察

スポンサーリンク

スポンサーリンク

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

  関連記事

六十六部
御朱印の起源再考--なぜ納経の証明が必要だったのか?

御朱印は日本独自の文化で、世界的に見ても御朱印に類するものはないようです。 そし …

津村別院の御朱印
「御朱印」という名称について(2)

もともと「朱印」というのは朱肉を用いた印を表す普通の名詞で、それに「御」をつけて …

浄興寺の御朱印
浄土真宗と御朱印(2)

授与しないのは本願寺派と大谷派のみ 仏教の宗派について基本的な知識がある人でも、 …

伊勢神宮の御朱印
御朱印の歴史(5)

折り本式集印帖の登場と昭和のスタンプ蒐集ブームによって、現在使われている意味での …

熊野速玉大社の御朱印
御朱印の歴史(3)

明治になって、日本の宗教は大変動を蒙ります。その最大のものは神仏分離です。日本の …

長浜御坊・大通寺の御判
浄土真宗と御朱印(5)

江戸時代の浄土真宗の順拝帳を見ると、他宗の納経帳とは大きく異なる特徴があります。 …

文化10年(1813)西国三十三所の納経帳
御朱印西国三十三所由来説について(下)

西国三十三所の納経帳は六十六部の納経帳から派生した ※御朱印西国三十三所由来説に …

平成元年納経帳
「納経」に関する常識を疑う

御朱印の起源が「納経帳」であることはよく知られていることです。「御朱印はもともと …

秋葉寺の納経印(弘化4年)
御朱印の起源

御朱印の起源は江戸時代の納経帳にありますが、さらに遡ると六十六部廻国聖の「納経請 …

昭和8年の集印帖
「御朱印」という名称について(3)

大正期に「御朱印」という言葉が定着していなかったことをうかがわせる資料として、大 …