古今御朱印覚え書

御朱印に関する考察、寺社参拝、拝受した御朱印、昔の御朱印・納経帳などについてのメモ

御朱印の歴史(3)

      2015/12/15

熊野速玉大社の御朱印

明治5年(1872)熊野速玉大社
「奉参詣」が珍しい

明治になって、日本の宗教は大変動を蒙ります。その最大のものは神仏分離です。日本の宗教は千年以上にわたって神仏習合という大きな枠組みの中にありましたが、それが強制的に解体されたわけです。

明治の神仏分離と六十六部の消滅

神仏分離を廃仏毀釈ということもありますが、政府が発したのは神仏判然令であって、要は神道の神社と仏教の寺院をはっきり分けるようにというものでした。これによって千年以上にわたって続いてきた神仏習合の伝統が否定されたのですが、一部の過激な人々によって廃仏が行われたわけです。

後にこの動きは修正されますが、仏教、特に神仏習合が進んでいた真言宗や天台宗が大きなダメージを受け、多くの神宮寺が廃されました。また、寺院が神社になるという例も少なからずありました。代表的なところでは多武峰寺→談山神社、松尾寺→金刀比羅宮などがあります。神奈川県の江島神社も江戸時代までは金亀山与願寺という真言宗の寺院でした。

江島神社の御朱印

文政4年(1821)与願寺 → 明治16年(1883)江島神社

御朱印関連では、明治4年(1871)に六十六部が政府によって禁止されました。

四国八十八ヶ所や西国三十三所を巡拝する人も激減したといいますが、この時代の納経帳も残ってはいますので、ダメージを受けつつも継続はしていたようです。ただ、四国八十八ヶ所では神社が札所から外れたほか、少なからぬ札所が廃寺となり、別の寺院が札所を引き継いだり、一つの寺院が複数の札所を兼ねるなど混乱が続きました。

金剛頂寺の納経

明治16年(1883)金剛頂寺(西寺・龍頭山)
神峯寺が廃寺となったため26・27番札所を兼ねていた

納経帳・順拝帳の変化

神仏分離に伴い、神社のみ、寺院のみという納経帳・順拝帳が登場します。今まで見た限りでは、明治期は神社と寺院が混在する順拝帳のほうが珍しく、西国の納経帳に熊野三山の印がある、四国の納経帳に旧札所の神社があるといった程度です。ただし、明治期の巡拝帳は、神社のみのもの以外は西国・坂東・秩父・四国といった霊場巡拝の納経帳がほとんどなので、霊場巡拝のものではない納経帳には神仏混在のものがあるのかもしれません。

熱田神宮の御朱印

明治15年(1882)熱田神宮

形式面では、寺院の納経において「奉納経」「奉納」など納経を示す文言が、徐々に参拝を示す「奉拝」に変わっていきます。早い例では幕末に「奉拝」「奉拝礼」と書いている例がありますが(手許にある資料でもっとも早い例は文政8年の津照寺・円明寺ですが、その後の納経帳では奉納経等になっており、例外的なものと言えます)、明治から大正にかけて増えていき、昭和になると四国八十八ヶ所以外ではほぼ主流となります。

善光寺の納経

慶応3年(1867)善光寺

「奉納経」から「奉拝」への変化は、近代合理主義的な価値観から、納経(写経の奉納)を伴わないのに「奉納経」と書くことに疑問を感じる風潮が生じたためではないかと考えられます。

なお、「奉拝」は「奉納経」に代わって使用されるようになったため、当初は寺院のみで神社の御朱印には使われていませんでした。戦前でも神社の御朱印に「奉拝」と書いている例はありますが、だいたい集印帳の所有者が自分で書いたもので、神社側で書いたものはまず見られません。「奉参詣」とある一番上の画像(熊野速玉大社のもの)は過渡期のものとして非常に珍しいもので、神仏習合の代表格であった熊野三山の試行錯誤の様子がうかがえます。

はがき・絵はがきへの押印

また、現代では考えられないことですが、明治から大正にかけて、はがきや絵はがきに御朱印を押している例が散見されます。当時は参拝記念として割と気軽に押していたのではないかと推測されます。

須磨寺の御朱印(はがき)

明治39年(1906)須磨寺
官製はがきへの押印
宛先の「工業学校東横」がのどかな郵便事情を感じさせる

宝登山神社絵はがき

大正9年(1920)宝登山神社(当時は宝登神社)
朱印は「寶登神社御璽」

伏見稲荷大社絵はがき

昭和初期、伏見稲荷大社(当時は稲荷神社)
朱印は「稲荷大社」

明治4年(1871)旅行が自由化され、巡礼ではない純粋な観光旅行が登場しました(江戸時代は寺社参詣以外に娯楽を目的とした旅行は許されていませんでした)。巡礼を目的をしない旅行者は納経帳を持参することはなかったでしょうが、神社仏閣に参拝すれば記念に印をいただくという習慣は強固に根付いていたと思われます。そこで、ちょうど手頃だったのがはがき・絵はがき押印するようになったのではないでしょうか。上の画像の官製はがきのように実際に投かんしたものもありますが、記念としてそのまま持ち帰ったものが多かったようです(下の2枚の絵はがきは未使用)。

実例はあまり残っていませんが、手許の資料に明治39年頃の御朱印を押したはがき・絵はがきを集めたはがきホルダーがあり、当時はかなり気軽に押印していた様子がうかがえます。絵葉書の押印は大正末から昭和の初めころまで行われていたようです。

ブログランキング・にほんブログ村へにほんブログ村

御朱印の歴史(1)
御朱印の歴史(2)
御朱印の歴史(3)
御朱印の歴史(4)
御朱印の歴史(5)

 - 御朱印考察

スポンサーリンク

スポンサーリンク

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

  関連記事

伊勢神宮内宮の御朱印
「御朱印」という名称について(1)

現在、「御朱印」といえば、たいてい神社仏閣に参拝した証としていただく印(と墨書) …

閻魔大王と徳道上人
御朱印西国三十三所由来説について(上)

御朱印は西国三十三所の御宝印に由来するという説について 御朱印の起源が六十六部廻 …

誓願寺の御判
浄土真宗と御朱印(6)

近江国浅井郡内保村(滋賀県長浜市内保)の湯吹山誓願寺の御判。 前回に続いて、江戸 …

東大寺の納経
御朱印の歴史(1)

ブログ開設1周年の記念企画として、御朱印の歴史をまとめてみることにしました。

伊勢神宮の御朱印
「御朱印」という名称について(4)

前回は、昭和8年ころの「御手印」とタイトルにある集印帖から、そのころ「御朱印」と …

日吉大社・西宮神社の御朱印
御朱印の歴史(4)

大正時代の半ば、折り本式の集印帳が登場し、急速に普及します。さらに昭和になって空 …

六十六部
御朱印の起源再考--なぜ納経の証明が必要だったのか?

御朱印は日本独自の文化で、世界的に見ても御朱印に類するものはないようです。 そし …

錦織寺の御判
浄土真宗と御朱印(7)

江戸時代の真宗の順拝帳から、本願寺派(西本願寺)・大谷派(東本願寺)以外の宗派の …

伊勢神宮外宮の御朱印
「御朱印」という名称について(5)

最後に、なぜ「御朱印」という言葉が使われるようになったかを考えてみたいと思います …

文化10年(1813)西国三十三所の納経帳
御朱印西国三十三所由来説について(下)

西国三十三所の納経帳は六十六部の納経帳から派生した ※御朱印西国三十三所由来説に …